どういうこと?

よく聞くコトバ、外貨両替というのは国外旅行だとか手元に外貨を置かなければならない際に利用する商品。ここ数年、円に対して不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。ポイント⇒為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
一般的にバブル経済(わが国では平成3年まで)ってどういうこと?不動産や株式などといった時価資産の市場での取引価格が過剰な投機によって経済の成長を超過してなおも高騰を続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す言葉。
【解説】外貨両替とは、たとえば海外旅行であったり外貨を手元に置いておきたい企業や人が活用することが多い。近頃は円に対して不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
預金保険機構(1971年設立)が支払う保険金の実際の補償額は"預金者1人当たり1000万円以内(但し決済用預金は全額)"までである。同機構は政府、民間金融機関全体がほぼ同じくらいの割合で出資しています。
知らないわけにはいかない、ペイオフの意味は予測できなかった金融機関の経営破綻による破産の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護の対象となった預金者(法人等も含む)の預金債権について、預金保険機構預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度です。
知らないわけにはいかない、ロイズの内容⇒ロンドン中心部のシティ(金融街)の世界的に知られた保険市場である。イギリスの制定法の取り扱いによって法人であるとされた、ブローカーおよびそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もある。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行が破綻(倒産)した。これによって、初めてのペイオフ預金保護)が発動し、全預金者に対する3%程度とはいえ数千人の預金が、上限適用の対象になったと思われる。
【解説】金融機関のランク付けというものは、ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関、そして金融商品または企業・政府についての、債務の支払能力や信用力などを一定の基準に基づいて主観的に評価します。
最近では日本の金融・資本市場における競争力を強化することを目的とした規制緩和だけではなく、金融規制の更なる質的な向上が目的とされた取組や試み等をすすめる等、市場や規制環境に関する整備がどんどん進められております。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務を分離することで、総理府(当時)の新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)としてこれまでになかった金融監督庁を設置 することになったのである。
の"東京証券取引所兜町2番1号
よく聞く「失われた10年」という言葉は本来、どこかの国の経済、あるいはある地域の経済が10年くらい以上の長い期間にわたって不況および停滞に襲われていた時代のことをいう言い回しである。
間違えやすいけれど、株式⇒出資証券(有価証券)なので、すっきりレッドスムージーに出資されても法律上はその株主に対しては返済に関する義務はないから注意を。合わせて、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会ってどんなところ?⇒証券会社等の株券や債券など有価証券に係る売買の際の取引を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業の堅実なさらなる進歩を図り、投資してくれた者の保護を協会の目的としている。
これからは安定的ということの上に活き活きとした新しい金融市場や取引のシステムを誕生させるためには、どうしても民間の金融機関及び行政(政府)がそれぞれの抱える課題を積極的に解決しなければいけない責任がある。

広告を非表示にする